ブログ

Blog

 こんにちは、稲毛駅前にある鈴木歯科医院で歯科医師をしております安田です。

皆様は「歯石」についてどこまでご存知でしょうか。今回は歯石についてお話させていただきます。 

 

 歯石はリン酸カルシウム等の無機成分と糖タンパクや菌体から成る有機成分で構成されています。まずここで知っておいてほしいのは、歯石は無機成分だけではないということです。前述したように菌体も含んでいるので毒素を有しているということです。なので当然歯石周囲の歯茎には毒素により炎症(歯肉炎)がおこります。この炎症が長期に続くと歯周病へと移行し、歯を支えている骨が溶けてしまい重症化すると歯が抜けてしまうこともあります。そのため、たまった歯石は定期的にクリーニングできれいに落としていくことが重要となります。

 

また、歯石はできる場所の違いで2つに分けることができます。歯茎よりも上に(口の中で見える部分)できたものを歯肉縁上歯石といい灰白色を呈します。逆に歯茎の中で作られるものを歯肉縁下歯石といい黒褐色を呈します。特に歯茎の中にできる歯肉縁下歯石は菌体成分に歯周病原菌が多く、歯周組織に対する為害性がおおきいため注意が必要です。

 

歯石は時間が経つとたまってきてしまい気づかない間に歯周病を進行させ、ご自身の歯を失うきっかけとなってしまいますので甘く見るのは危険です。

ブログ・お知らせ