ブログ

Blog

稲毛駅前鈴木歯科医院の道脇です。

今回は、顎関節症についてお話させていただきます。 顎関節症とは、顎関節やあごを動かしている咀嚼筋の痛み、顎関節雑音、開口障害あるいは顎運動異常を主要の症状とする慢性疾患をとりまとめた疾患です。

顎関節症の病態としては、

① あごを動かす筋肉の痛みを主な症状とする咀嚼筋障害

② 顎関節の痛みを主な症状とする顎関節痛障害

③ 顎関節の骨と骨の間にあるクッション材(関節円板)のズレが症状の関節円板障害

④ 顎関節を構成する骨が変化して起こる変形性関節症 が挙げられます。

顎関節症の主な症状としては、顎関節痛・咀嚼筋痛、開口障害、開口時や顎を前に出した時の顎関節雑音があります。

今回は顎関節症の中でも頻度の高い、咀嚼筋障害について説明します。

咀嚼筋障害になる原因としては、あごを動かす筋肉の慢性的な疲労や、筋肉の緊張によることが多くみられます。筋疲労や筋肉の緊張の誘因としては、くいしばりや歯ぎしり、不正咬合、精神的ストレス、日常的な癖や習慣が挙げられます。

症状としては、咀嚼運動時痛(咀嚼中や口を開け閉めする時)の鈍い痛みとして現れ、筋肉に疲労感やだるさが出てきます。また、筋肉の凝りや、押したときの痛みが認められます。 この筋肉の痛みは咀嚼筋の1つに現れる場合と、複数の筋肉・複数の部位に現れる場合があり、片側だけではなく両側に症状が出ることもあります。 重度の場合には、咀嚼筋だけではなく胸鎖乳突筋(後頭部から鎖骨までつながっている筋肉)まで痛みが出たり、この筋肉の痛みによる開口障害が出現することがあります。

咀嚼筋痛に対する治療法としては、痛みの出ている部位を中心としたマッサージや温罨法など適応されます。歯ぎしりやくいしばり、または不正咬合などかみ合わせによる痛みの場合には、上顎を覆うスプリントを使用してもらい、睡眠時のくいしばりや歯ぎしりによる咀嚼筋の緊張や顎関節への負担を軽減をします。 日常生活での癖や習慣に関しては、患者様ご自身で咀嚼筋への負担を減らすために固いものやガムなどを長時間食べることを避けたり、頬杖をやめるなどを意識していただくだけで改善する場合があります。 症状が改善しない場合には、消炎鎮痛薬を服用していただく薬物療法をスプリントなどと併用して行う場合もあります。

顎関節症に関して気になる点などありましたら、歯科医師・歯科衛生士にお気軽にご相談下さい。

皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

ブログ・お知らせ