ブログ

Blog

こんにちは JR稲毛駅前の鈴木歯科医院の歯科医師の吉沼です。

コロナウイルスのワクチン摂取などもはじまり世間のコロナの1日も早い終息を願うばかりですがまだ不安な日々や自粛を要請されストレスの溜まる日々で我慢が続いていることと思います。さて、コロナによって感染についての知識が以前より浸透しているのではないでしょうか。

歯科は虫歯を削って詰めることが仕事と思われがちですが歯周病、虫歯予防つまり病気になってから治すのではなく病気にならないように予防をしていく業態に変化しつつあります。

歯周病はお口の中の汚れ(菌)の感染によりおこります。汚れが溜まりますとそこから歯茎が感染を起こします。すると炎症を起こすのですがなかなか自覚症状が出ないのが歯周病の怖いところです。

さらに歯周病は歯茎が後退してくると目で見えて悪くなってるのがお分かりいただけるのですが実は歯茎の中の骨が溶けてしまうのが歯周病の一番怖いところになります。歯は骨に支えられていてお口の中で存在できるのですがその周囲の骨が溶けてしまうと歯がぐらぐらしてきます。このぐらぐらしてくる状態になりますとここから治すのはかなり難しいですし治療の回数もどうしてもかかってしまいます。

我々も日々患者さんのご自身の歯で少しでも長く噛んで食事ができるように全力で治療させていただいていますが進行が重傷であればあるほど治療も困難になり抜歯をせざる負えない状態になってしまうのです。

その骨がなくなったものを回復させる治療が歯周組織再生療法になります。ただなんでもかんでもできるかと言われるとそうではなくほとんどの方ができないくらい重傷になってからやりたいと言われる方が多いです。

歯周組織再生療法で使われるのはゲル状の液体で歯茎を開いてそこの感染している組織を全て除去し再生の材料を塗布します。ここでポイントなのがゲル状なため感染がひどく出血が多いとそもそも材料が流れてしまうため失敗になりますので再生させる前のご自身の普段の歯ブラシの改善や外科的な手術を行う前の治療が非常に重要になります。

また、骨の形も重要で材料が流れていかないような形であれば成功率は高いですし手術ができると思います。成功しますと歯と骨の間には歯根膜という膜が存在しそこに骨を作る細胞があります。それが、骨をつくりだします。

 また、自分の骨を他のところからとってきて移植させたり、人工の骨を用いて再生力を高めたりすることができます。

 このような治療にはできる人とできない人がいます。また、どのような治療もそうなのですが患者様が理解していただき納得していただき今ある条件でこちらは全力で治療にあたらしていただき一緒に頑張らないと成功しないのが歯科治療になります。

一番良いのはこのような状態にならないのが一番ですのでぜひ一度受診していただいてご自身の状態を把握された方がよろしいかと思います。スタッフ一同、心よりご来院をお待ちしております。

ブログ・お知らせ