ブログ

Blog

こんにちは。

JR稲毛駅前 鈴木歯科医院の伊藤です。

今回は歯周病についてお話します。

 

歯周病は、歯肉の腫れや出血に始まり、最終的には歯を失うことに繋がる恐ろしい病気です。

日本人の8割が発症していると言われ、年齢を追うごとに自覚症状を持つ人の割合が高くなっていきます。

誰だって歯周病にかからずに、年をとっても自分の歯でおいしい食事を楽しみたいですよね。そのためには、日頃の歯周病予防が必要なのです。

歯周病を予防するためには、まずは歯周病とはどのような病気なのかを知っておく必要があります。

正しい知識があれば歯周病は決して怖い病気ではないはずです。

歯周病の原因や症状について紹介します。

 

■歯周病の原因

歯周病は口の中の細菌が引き起こす感染症の一種です。

歯と歯肉の間から侵入した歯周病の原因菌が歯肉の炎症を起こし、さらに進行すると歯を支えている歯槽骨が溶けてしまいます。

この際、歯周病菌への感染に大きな役割を果たしているのがプラーク(歯垢)なのです。

プラークはむし歯の原因菌のミュータンス菌が、栄養分として糖を分解した際に作るネバネバした物質に、口の中の様々な細菌が棲みついて形成されます。

このネバネバしたプラークは、うがい程度では落ちにくく消毒薬や抗菌剤が効きにくいのが特徴です。

さらに外部に有害な物質を放出することで歯肉の炎症を引き起こします。

そのため、歯磨きの際に磨き残しあると、そこから歯周病菌への感染が始まるのです。

 

■歯周病の進行

歯周病はその度合より、歯肉炎と歯周炎に分かれます。最初の段階の歯肉だけの炎症を歯肉炎よび、それ以降の歯の歯周組織にまで及んだ炎症は歯周炎と呼びます。

その歯周炎は三段階に分かれます。

 

〈歯肉炎の範囲〉

健康な歯肉の症状は薄いピンク色で引き締まっています。歯のグラつきもありません。

歯肉炎の症状は歯と歯肉の境目にプラークや歯石が溜まり炎症を起こします。

歯肉が腫れ、歯肉を押すと出血することもあります

 

〈歯周炎の範囲〉

軽度歯周炎の症状は歯肉の炎症が進み、歯と歯肉の溝(歯周ポケット)が深くなります。

歯周病菌が歯を支える顎の骨(歯槽骨)にまで及ぶようになります。

中度歯周炎の症状はさらに歯周病が悪化し、歯を支える歯槽骨の半分程度まで破壊された状態です。

歯を押すとグラつき、歯肉の腫れや出血みられます。歯が浮く感じや強い口臭も目立つようになります。

重度歯周炎の症状は歯槽骨がすっかり破壊され、歯がグラグラと揺れるようになります。最終的には抜け落ちてしまいます。

 

歯周病を悪化させないためには日常的な予防が必要です。

毎日の丁寧な歯磨きと歯科医院での定期健診を受け、プラークコントロールや歯周病を引き起こす要因の改善を行うことで確実に歯周病予防をしていきましょう。

 

何かわからないことがございましたら、お気軽に歯科医師やスタッフにご相談してください。

スタッフ一同、心よりご来院お待ちしております。

ブログ・お知らせ