ブログ

Blog

JR稲毛駅前 鈴木歯科医院 歯科医師 北野です。

5月も終わりに近づき、梅雨の走りのような天気の日が増えてまいりましたが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

今日はマウスピース矯正(アライナー矯正)についてお話します。
歯科矯正もしくは歯列矯正という言葉は聞いたことありますでしょうか。
簡単に説明しますと、歯並びを治す治療のことです。
いままでの歯科矯正は金属を歯に接着させ、金属のワイヤーで歯並びを治す方法しかありませんでした。
金属はかなり目立ちますし、金属を付けたばかりのときは唇が唇や頬に当たって痛みを感じます。数年間その状態が続くために、歯科矯正を断念したことのある方も多いのではないでしょうか。
今回紹介するマウスピース矯正とは、取り外し可能なマウスピースを歯に装着して歯並びを治すという新しい矯正治療です。
今日はそのマウスピース矯正の特徴をご紹介します。

・目立たない
以前のような金属のワイヤー矯正と違い、目立ちません。
歯に注目されない限りはほとんど目立ちません。他人に気づかれないうちに矯正治療を終えることも可能かもしれません。
急な結婚式などのイベントがあっても、安心です。
また取り外しができるので写真撮影の時だけ外して写真を撮るなどの対応をすることができます。

・痛みが少ない
金属を使わないので唇や頬を傷つけてしまって、痛みが出ることはまずありません。歯を動かすので痛みのような違和感が出ることはありますが、気にならない程度である場合が多いです。

・取り外しができる(虫歯になりにくい)
取り外して歯磨きをしていただきますのでとても衛生的です。
ワイヤー矯正は装置の隙間からの歯磨きは難しく、虫歯になるケースも多いですが、マウスピース矯正は虫歯になりくいです。
実はこれがマウスピース矯正の最大のメリットではないかと私は考えます。
また先程の結婚式などのような写真撮影が必要な場合、外して写真撮影をすることができます。

・金属アレルギーの心配がない
アクセサリーなどで皮膚は荒れてしまった経験のある方も多いと思います。
金属は金属成分が唾液に溶けるので金属アレルギーを発症してしまう可能性もあります。
マウスピース矯正は金属を用いないので金属アレルギーは起こしません。

・衛生的
取り外しができて歯磨きができる点と、
1~3週間で新しいマウスピースに変えるので衛生的です。

このようにメリットが多く不快感の少ない矯正治療となります。
しかしデメリットも存在します。
デメリットとしては適応範囲が限られるところです。
簡単にいうと歯並びがひどい方はマウスピース矯正はできません。
マウスピース矯正は歯をたくさん動かす場合、限度があるのです。
マウスピース矯正ができるのかどうか、少しでも興味のある方はお気軽にお電話ください。

ブログ・お知らせ