ブログ

Blog

こんにちは。稲毛駅前の鈴木歯科医院の鵜澤です。

春になり暖かくなってきましたね。 今回は歯を抜いた後に起こる事についてお話します。

歯を抜く前に色々と注意事項を聞く事が多いと思います。 例えば抜歯当日は、入浴や飲酒、運動など血流の良くなることは避けること。傷口をさわらないこと、うがいを控える事や固い食べ物や辛い物を避ける事などです。

なぜそのような注意があるのでしょうか。

そのことの説明には歯を抜いた後にどのように傷口が治癒していくかについてお話する必要があります。 歯を抜くと歯茎に抜いた後の穴が空きますね。その抜けた後の穴に血が溜まり、固まってカサブタができます。そのカサブタが肉に変わっていって治癒していきます。 カサブタが出来るのは抜歯した当日で傷がふさがるには個人差はありますが2週間から1ヶ月と言われています。その時点でほとんど痛みはなくなっていますが完全に治ったとは言えないです。肉の部分は治っていますが骨まで完全に治るには約3ヶ月は見た方がいいです。

傷の治り方についてお話させていただきましたが何が原因で治癒が妨げられてしまうのでしょうか。

抜いた後に起こる事は出血、感染、ドライソケット、骨露出、上顎洞穿孔、下唇の麻痺等があります。 出血は抜歯をした人には絶対に起こります。抜歯をすると傷口が出来ますので出血して来ます。拍動性の出血やずっと止まらない出血でなければほとんどの場合問題ないことが多いです。その場合はガーゼを患部に当てて噛み圧迫することで止血します。血をさらさらにする薬を飲まれている方は血が止まりにくいので注意が必要です。 感染は傷口が細菌により化膿してしまうことです。傷が治る過程で炎症が起こり腫れてしまう事は仕方のないことではありますが、化膿して膿が出てくることがあります。それを防ぐために抗生物質を飲んでいただきます。

上顎の歯を抜いた時に上顎洞という骨の中の空洞と口腔内が交通してしまう事があります。 このときの症状としては水を飲んだ時に鼻から出てきてしまう、食べ物が上顎内に入り込んでしまうことで違和感がでたりします。だんだんと治ってくるのでほとんど心配はいりません。 下顎の抜歯の際に下歯槽神経の通っている下顎管を圧迫、損傷してしまうと下唇にしびれが出てしまう事があります。ビタミンB12を服用して修復を促します。 うがいなどでカサブタが流れてしまい傷口に血餅がしっかり出来ないと骨が露出してしまい激し痛みがでるドライソケットになってしまう事があります。再度出血させてカサブタを作らないといけなくなってしまいます。 うがいを避けていただくのにはそのような理由があるのです。

何か不安に思うことなどあればお近くのスタッフにお声掛けください。 スタッフ一同心よりご来院お待ちしております。

ブログ・お知らせ