ブログ

Blog

 

こんにちは。

JR稲毛駅前 鈴木歯科医院の助手の恵濃です。

すっかり暖かくなり桜の見頃が楽しみになってきましたね。

三密を避けながら春の訪れを楽しみたいものですね。

 

皆さまは毎日のお口のケアは何を使ってされていますか?

歯ブラシ、歯間ブラシ、糸ようじ、フロス、洗口液でのうがい、

などなどお口のケアといってもさまざな種類がありますね。

歯ブラシだけではなかなかお口の中を

キレイに保ち続けるのは難しいです。

 

今回は少し角度を変えて

歯ではなく舌のケアについてお話しさせて頂きたいと思います。

皆さま、毎日歯磨きしているのに口臭が無くならないことや

舌に白い汚れが付いて気になることはないですか?

 

これは舌苔(ぜったい)と呼ばれるものです。

 

様々な細菌や食べ物のカスなどが集まったもので、

唾液の少ない方、口呼吸をしていてお口の中が乾燥している方、

喫煙をされる方に付きやすいと言われています。

 

この舌苔をそのままにしておいてしまうと 口臭の原因になったり、

味覚を感じるセンサーが舌苔で覆われてしまい

お食事の際に味を感じにくくなったりしてしまいます。

 

爽やかなお口の中を保つために、

よりお食事を楽しんで頂くために、

毎日のケアに舌のケアもぜひ取り入れて頂きたいです。

 

ケアに用意するものは歯ブラシです。

舌を傷付けないように柔らかめのものを選びましょう。

またはドラッグストアなどに舌専用のブラシも販売していますので、

そちらを使っていただくのも良いと思います。

これらのブラシを舌の奥から手前に優しく

撫でるようにブラッシングしていきます。

舌はとても繊細です。

強い力でゴシゴシ擦るのは厳禁なので注意しながら行って下さいね。

ドラッグストアなどに舌専用の歯磨き粉やジェルもあるので

併用して使用するとなお良いですよ。

 

嘔吐反射があり、舌を磨くことに苦手意識のある方は

舌を前に出してブラッシングすると

苦しさが緩和されると言われていますので

無理のない範囲で試してみてください。

 

あまり頻繁に行うと舌の粘膜が傷ついてしまうので

1日1回を目安に、

舌苔が増えてしまうと言われている朝に行うのがおすすめです。

 

舌ケアをするとお口の中がスッキリして

気持ちよく1日のスタートを切ることが出来ますよ。

 

なにか疑問な点があれば

当院にご来院された際に医師や衛生士に気軽にご質問くださいね。

 

緊急事態宣言解除は発表されましたが、

コロナ収束にはまだもう少し時間がかかりそうですね。

当院では感染症対策に配慮したうえで

皆さまのご来院をお待ちしております。

 

 

ブログ・お知らせ