ブログ

Blog

こんにちは。JR稲毛駅前『鈴木歯科医院』の鑓田です。

 

皆さん、今日は何の日かご存知ですか?

 

3月10日ーーーそうです。今日は「砂糖の日」。

 

今回は【砂糖とむし歯のリスクについて】お話したいと思います。

 

 

まず最初に、皆さんはどのようにむし歯になるかご存知ですか?

 

むし歯は、むし歯の原因となる菌が酸を出し、歯を溶かすことで起こります。

 

そして、むし歯の原因となる菌は、エネルギーを摂取した時にいちばん酸を出します。

 

そのエネルギーが【糖】なのです。

 

 

【砂糖】は名前に入っていることからも分かるように、【糖の結晶】です。

 

つまり、【砂糖】の摂取量が多くなると、それに比例してむし歯になるリスクも高くなるという訳です。

 

 

とはいえ、【砂糖】はさまざまな料理に使われていますよね?

 

普段の食事から【砂糖】を全て取り除くことは難しいです。

 

では、どうすればむし歯になるリスクを低くすることが出来るのでしょうか?

 

 

まずは、「【砂糖】の摂取量を減らすこと」です。

 

量が少なくなれば、当然リスクも減らすことができます。

 

間食の回数を減らすこと」も同じような理由で効果的です。

 

 

次に、「毎日の歯磨きをしっかり行うこと」です。

 

日々精度の高いブラッシングをすることができていれば、

 

お口の中のむし歯の原因となる菌の数を減らすことができます。

 

 

最後に、「酸に溶かされにくい丈夫な歯をつくること」です。

 

これにはフッ素が効果的です。

 

現在市販でもフッ素入りの歯磨き粉が売られていますので、

 

そういったものを取り入れることで、丈夫な歯をつくることができます。

 

 

とはいえ、これら全てをご自身だけでやるのは大変だと思います。

 

特に「毎日の歯磨きをしっかり行うこと」は、簡単なように感じられるかもしれませんが、

 

実際はセルフケアだけでは限界があります。

 

 

ご自身の力だけでは難しい部分は、私たちスタッフがお手伝いさせていただきます。

 

皆さんの歯を守るためにも、治療だけではなく、

 

ぜひ定期的な検診やクリーニングにもいらしていただけたら幸いです。

 

 

皆様の来院を、スタッフ一同心よりお待ちしております。

 
 

ブログ・お知らせ