ブログ

Blog

こんにちは。

JR稲毛駅前 鈴木歯科医院 歯科衛生士の地引です。

 

コロナ対策の1つとして外出時マスクはかかせませんね。

ところで皆さんは呼吸の仕方について意識していますか?

マスクをしていて苦しくて気づいたら口が開いてるってことありませんか?

また花粉症や風邪で鼻づまりの時も口で呼吸になりますよね。

呼吸は生命維持に重要な機能です。

このため気道を防御するためにくしゃみ、鼻呼吸、咳等の仕組みがあります。

鼻腔を気道として用いる呼吸を鼻呼吸、口腔を気道として用いる呼吸を口呼吸といいます。

口呼吸の誘因としては先程あげたもの以外にも鼻閉塞を起こす疾患(アデノイド、鼻中隔湾曲、慢性副鼻腔炎等)や口腔の異常(開咬、上顎前突、歯列不正など)による口唇閉鎖不全などがあります。

本来呼吸は口ではなく鼻で行うのが正常な状態ですがこのご時世マスクがかかせなくなったために口呼吸の方が増えています。

口呼吸は"万病のもと"も言われます。

口呼吸によって歯肉粘膜が乾燥すると細菌などに対する抵抗力が減少します。

口腔乾燥が起こることにより、唾液が欠如しそれに伴い口腔内の自浄作用も妨げられプラークの付着を助長してしまいます。そのため歯周病、虫歯にもなりやすくなります。また口臭等の原因にもなります。

鼻呼吸だと外気を取り込む際に空気中のゴミや細菌、ウイルスが混じっても排除する機構があるため、風邪を引きにくくしたり、ウイルス感染をしにくくすることができます。

反対に口呼吸ですとそのような機構が備わっていないために直接ウイルスや細菌を取り込む形になります。

そのため風邪や感染症、アレルギーを引き起こしやすいのです。

 

ご自身で今一度、無意識のうちに口呼吸になっていないか

確認してみましょう。

またマスクをしていると口が乾きやすいのでこまめに水分補給もしましょう。

分からないことがあればお気軽にスタッフへお尋ねください。

 

スタッフ一同お待ちしております。

 
 

ブログ・お知らせ