ブログ

Blog

 こんにちは。鈴木歯科の鵜澤建です。

本日は歯の神経の治療についてお話します。

虫歯で歯が痛くなって歯医者にいくと、歯の神経をとらないといけないと言われたことのある人は多いと思います。

なぜ歯は痛くなるのでしょうか。

歯の中の神経は歯髄と言います。歯髄は歯の中のほうに存在しており周りをエナメル質、象牙質と呼ばれる硬い組織に囲まれています。虫歯になると一番外側のエナメル質が溶かされてしまいます。そしてその内側にある象牙質が細菌に感染していきます。その状態を放置すると虫歯はどんどん内部へ進行していきます。象牙質に菌が感染している状態では冷たいもの甘いものが染みてきます。この状態を可逆性歯髄炎と呼びます。可逆性歯髄炎の場合は歯髄に一時的な炎症が起こっているので、虫歯と感染した象牙質を一緒に除去して詰め物を入れていきます。詰め物を入れると染みるのが収まることが多いです。

さらに虫歯が進むと細菌は歯髄に感染をおこします。歯髄が細菌に感染すると何もしなくてもズキズキとした痛みや夜間痛、拍動痛が現れてきます。この状態を不可逆性歯髄炎と呼びます。ここまでなってしまいますと根管治療をしないといけなくなります。

感染してしまった歯髄を除去して消毒を行う治療を何度か繰り返して根管内がきれいになりましたらワックスのような柔らかい材料を詰めてその空洞を埋めていきます。

そのあとは土台を立てて被せ物を作っていきます。

 

 

歯の神経をとる治療は回数がかかってしまいます。歯の痛みの感じ方には個人差がありますので虫歯がかなり大きくなってからでないと痛みが出ない場合もあります。

少しでも歯が染みるというような症状が出てしまったり、何かありましたら早めにご相談ください。

 

スタッフ一同お待ちしております。

ブログ・お知らせ