ブログ

Blog

こんにちは。
稲毛駅前 鈴木歯科医院の伊藤です。
明日はクリスマスですね!!
今年も残りわずかとなりました。
新型コロナウイルスの影響で大変な1年でしたね。
来年は明るい年になりますように(o˘◡˘o)

さて、今回は口腔内写真についてのお話をします。
当院では口腔内写真といってお口の中の写真を撮らせていただいています。
口腔内写真とは何か、なぜお口の中の写真を撮るのかを説明します

当院では5枚法の撮影を主に行うようにしています。
5枚法とは噛んだ状態での左右のかみ合わせの写真、お口を開けた状態の上顎の歯列と下顎の歯列の写真、噛んだ状態での正面の写真の計5枚をいいます。
5枚撮影するとお口の中の状態がほぼ観察することができます。

口腔内写真の必要性として、以下の事が挙げられ
ます。

■文字や数字では記録出来ない情報を保存できる

■診断の材料として使用し、適切な治療方法、方針を立てられる

■治療前の状態を記録し、治療後との比較かできる

■撮影した写真を用いて患者様に治療箇所、方法について説明するため

■患者様ご自身では分からない口腔内の状態を客観的に把握しやす

■肉眼では気づきにくい問題点や変化が分かる


このように、口腔内写真を撮ることによって様々なメリットがあります。
治療の経過・メンテナンス毎の良い変化に気づいて頂き、少しでもご自身のお口の中の状態に自信を持って頂けるようお手伝いさせて頂きます。

口腔内写真は、患者様に大きく口を開けて頂き、唇を専用の器具で引っ張ったり、大きなミラーを入れて撮影します。
患者様への負担を少しでも軽くできるようスタッフ一同努力して参りますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

皆様のご来院、心よりお待ちしております。
 
 
 

ブログ・お知らせ