ブログ

Blog

こんにちは。

JR稲毛駅前 鈴木歯科医院 歯科衛生士の伊東です。

今回はインプラントを入れたあとのご自身でのお手入れ方法についてお話しします。

インプラントはお手入れがしっかりできてないと虫歯にはなりませんが「インプラント周囲炎」という歯周病になります。

インプラント周囲炎とは・・・

インプラントはチタンでできた人工歯です。

インプラントは顎の骨に埋められて支えられてます。

虫歯にならなくても食べカスやプラーク(歯垢)が残ってしまうとインプラント周りの骨や歯茎が炎症を起こします。

これをインプラント周囲炎と呼びます。

インプラント周囲炎が進行するとインプラントを支えている顎の骨が吸収されてなくなったり、歯茎が下がってきてしまいます。

そうなってしまうと、インプラントが抜けたり、ぐらついてきたり、膿がでたりしてきます。

インプラント周囲炎にならない為にはお手入れが大事になってきます。

まずは歯ブラシでしっかり磨きましょう。

歯ブラシを細かく動かして歯茎との境目を狙って磨いてください。

また、糸ようじやフロス、歯間ブラシも使って天然歯とインプラントの間に入り込んでしまった汚れを除去して下さい。

隙間が狭ければフロスか糸ようじを使用し、 隙間が少し広ければ歯間ブラシを使用して下さい。

インプラントは入れたら治療は全て終わりでも その後のご自身でのケアが大事になってきます。

良好な状態を保つためにも必ず歯科医院での定期的なメンテナンスも重要になります。

当医院ではメンテナンスの際に患者様のお口の状態にあったお手入れ方法や必要性をしっかりと説明させていただいてます。

ご質問等ありましたら、お近くのスタッフまたは医師にお気軽にお声掛け下さい。

スタッフ一同、心より皆様のご来院お待ちしております。

ブログ・お知らせ