ブログ

Blog

こんにちは。
JR稲毛駅前 鈴木歯科医院 歯科衛生士の宮内です。

今年もあとわずかとなりましたね。
寒くなってきていますので、みなさま体調をくずさぬよう、ご自愛下さいね。

今回は『歯ブラシの交換時期』についてお話させていただきます。

歯のお手入れに欠かせないアイテム、歯ブラシ。
お口の中を清潔に保つために欠かせないものですが、使っていくうちに劣化が進み、歯磨き効果も次第に落ちていきます。
古くなった歯ブラシは適切なタイミングで交換する必要があります

実際に交換頻度を調べたデータによると、
1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、中には半年以上変えないという方もいらっしゃるようです。

では、交換のタイミングはと言うと、
裏から見て毛先が広がってたら、汚れたら、なんとなく・・・
という意見が多いようです。

では、どの位の時期で変えればよいのでしょうか。

推奨する歯ブラシの交換頻度は〈1本/1ヶ月〉です。

私たちのお口の中にはたくさんの菌がいます。
それを小さな歯ブラシで毎日落としています。
いくらきれいに洗ったとしてもブラシの毛束の根元には菌が繁殖してきます。
また毛が開いたり、コシがなくなったものは清掃能力が落ちるだけではなく、歯や歯茎を傷つける恐れがあります。
使用するブラシの毛の硬さや歯磨きの時の力、方法によりどのくらいで毛が開いてくるかも変わってきます。

毛先が1ヶ月もしないうちに開いてしまう場合は、歯磨きの時の力が強いかもしれません。
ゴシゴシ強く磨いてしまうと毛先は1ヶ月も経たないうちに開いてしまいます。
強く磨くことによって歯茎や歯を傷つけてしまい知覚過敏の原因にもなってしまいます。

《歯ブラシのお手入れ》
・水洗いする
歯ブラシには菌や汚れがたくさん付着するので必ず水洗いしましょう。
軽く水で流して終わりという方も多くいますが、それだけでは菌や汚れ、歯磨き粉などは落とせていないのです。水で流したら指でヘッドの毛先の部分を優しく洗い流してください。
水洗後は汚れが食べ物が残っていないかを確認してみてください。

・乾燥させて保管する
毛先の部分に水分が残っていることによって、カビや雑菌が繁殖してしまう原因となります。
歯ブラシを水洗した後は必ず水気を取り、風通しのよい場所でヘッドの部分を上にして保管しましょう。
この時、毛先を乾燥させるために歯ブラシキャップはつけないようにしましょう。

歯ブラシの交換を忘れないように、ライオン株式会社が毎月8日を『歯ブラシ交換デー』としています。
歯ブラシは毎日使用するものなので、ぜひ毎月8日には歯ブラシを交換するようにしましょう。

もし、歯磨きの方法や歯ブラシの選び方などで質問や疑問がありましたら、お気軽にスタッフにお尋ね下さいね。

皆様のご来院を心よりお待ちしております。

ブログ・お知らせ