ブログ

Blog

こんにちは。 JR稲毛駅前 鈴木歯科医院 歯科医師の玉木です。

夏の暑さも過ぎ、秋の訪れを感じさせる季節となりました。

さて、本日は当院で使用している歯科麻酔薬に関してお話させていただきます。

当院では主に2つの歯科麻酔薬を用意し、治療に使用しております。

① 『オーラ注』 主に歯科治療ではこの麻酔薬を使用して治療を行います。 『オーラ注』には2%リドカイン(局所麻酔薬)とアドレナリン(血管収縮薬)、その他添加物が含まれています。 血管収縮薬には、麻酔の効果時間の増強・延長、出血の抑制などの効果があります。また、心拍数を変化させる働きもあります。患者様によっては麻酔をするとドキドキするような感じが出ることがあるのはそのためです。

② 『シタネスト・オクタプレシン』 『シタネスト・オクタプレシン』には2%プロピトカイン(局所麻酔薬)とフェリプレシン(血管収縮薬)、その他添加物が含まれています。 プロピトカインはリドカインと同じ系統の麻酔薬であり、作用も類似しています。➀と比較すると血管収縮薬の作用が異なるため、作用時間が短く麻酔効果もやや弱くなります。 血管収縮薬であるフェリプレシンは心臓への直接作用がアドレナリンと比べると少ないため、循環器系疾患によっては①よりもこちらを選択することがあります。

また『キシレステシン』という麻酔薬もあります。

オーラ注と主成分は類似しています。

キシレステシンにはオーラ注と同じく防腐剤が含まれていません。

特にアレルギーの多い防腐剤(メチルパラベン)が非含有になっております。

化粧品にアレルギーのある方はこの防腐剤にアレルギーが出ることがあると報告があります。

アレルギーがある方に使用することがあります。

歯科治療においては麻酔薬・飲み薬などを患者様の健康状態や服薬状況により、選択し安全な治療ができるよう心がけております。

問診票などでは、持病や服薬などがある場合はご記入にご協力いただけますようお願い致します。

スタッフ一同皆さまのご来院をお待ちしております。

ブログ・お知らせ