ブログ

Blog

JR稲毛駅前 鈴木歯科医院、歯科医師の松浦です。

今回は口腔機能低下症についてお話をしたいと思います。

口腔機能低下症は2018年4月に保険収載された歯科では最も新しい病名の1つです。

口腔機能低下症を放置しておくと咀嚼障害、摂食嚥下障害となって全身的な健康を損ないます。

①口腔衛生状態不良、②口腔乾燥、③咬合力低下、④舌口唇運動機能低下、⑤低舌圧、⑥咀嚼機能低下、⑦嚥下機能低下の7項目の検査を行い、

3項目以上が該当するものを「口腔機能低下症」と診断します。 

7項目の検査で、口腔機能を多面的に評価するのが口腔機能低下症の特徴であり、

従来の歯科で行われてきた検査と大きく異なる点です。

口腔機能低下症は、咀嚼障害や嚥下障害などの障害より前の段階とされており、この段階では、口腔機能の低下に対する自覚症状に乏しく、見逃しやすいので注意が必要です。  

(出典 株式会社ジーシー)

ご自身のお口の状態を今一度確認し口腔機能を維持することを心がけてください。

お口の中について気になることがありましたら、お気軽に衛生士または歯科医師にご相談ください。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

ブログ・お知らせ