ブログ

Blog

こんにちは JR稲毛駅前の鈴木歯科医院の歯科医師の吉沼です。

コロナウイルスの流行が続き自粛をしなければならない状況であるなか皆様どのようにお過ごしでしょうか。

現在、ワクチンもなければ治療薬もない状況で私たちにできることは予防に徹することでウイルスとの共存、共生をしていくこととなるでしょう。  

しかしながら、人間は常にHIVなどウイルスや細菌などとうまく付き合って生きてきました。  

歯科的な観点では、虫歯や歯周病は感染症であるという認識があまり浸透していません。

コロナウイルスに対抗するためにアルコール消毒をしたり、マスクをして予防しています。

それと同じで口の中で目に見えない細菌の増殖を抑えることこそ重要です。

口の中の細菌が繁殖すると免疫という機能が働き、細菌を排除しようとします。

最初のうちは好中球やマクロファージという免疫の細胞が働き細菌を倒してくれるのですが敵も強くなっていきますのでこちらも強い免疫であるリンパ球などがでてきます。

 結果強く抑えようとすることで周りの組織を破壊してしまうのです。

それによって骨を溶かしてしまうのが歯周病です。

口の中で慢性的に炎症が起こることにより全身に使われる免疫も弱くなってしまいます。

結果、口の中の環境を整えることにより免疫を高めることができます。

ぜひ落ち着いてきた時期に一度受診していただきご自身の歯周病の度合いをチェックしてみてはいかがですか。

スタッフ一同、心よりご来院をお待ちしております。

ブログ・お知らせ