ブログ

Blog

こんにちは JR稲毛駅前 鈴木歯科医院 歯科医師の吉沼です。

 

コロナウイルスの流行により例年のインフルエンザによる影響よりも感染に対する予防についてもマスク不足だったりと早く流行がおさまってほしいと願うばかりです。

 

コロナウイルスにおいては未だ不確定要素が多く日々情報も錯綜していると思いますが、肺炎という言葉をよく耳にします。

肺炎に関して今回はお話させていただきたいと思います。

肺炎は日本人の死因の3位にあたる非常に死亡率の高い病気であり高齢者になればなるほど死亡率は増加傾向にあります。

 

コロナウイルスに限らず常日頃から感染という驚異が口腔内細菌の存在です。

軽視されがちですが飲み込む機能である嚥下反射、咳反射などの低下が見られると口腔内細菌が気道に侵入することで肺炎を引き起こす誤嚥性肺炎というものがあります。

歯周病罹患者はそのリスクが高いですがその認知度は低く全身疾患と口腔衛生状態の関連性を訴えてもなかなか歯医者さんは虫歯を治すところという印象が定着してしまっていると思います。

 

ぜひ全身の健康のためにも口腔内のケアをオススメしています。

 

スタッフ一同、ご来院心よりお待ちしております。

ブログ・お知らせ