ブログ

Blog

こんにちは
稲毛駅前鈴木歯科医院歯科衛生士の平野です。

今日は詰め物を入れた後のしみる症状についてお話します。

詰め物を入れた後しみるのは
神経が過敏になっているからです。
治療直後は、麻酔をする、歯を削るという虫歯の治療において、
神経が強い刺激を受けたことにより過敏になっている時期でもあります。
削られた刺激で歯の内部が炎症を起こし、
痛みを感じやすくなることもあります。
神経のダメージを回復するのには、ある程度の時間が必要です。
また、銀歯の場合は熱を伝えやすいため
金属は熱の伝導性が高いので、熱いものや冷たいものを食べると
神経に直接その刺激を伝えやすい特性があります。
そのため、銀歯に近い神経は刺激を感じやすく、
飲食をするたびにしみたように感じるのです。

痛みが取れるまでの期間は、歯の状態や人それぞれです。
1週間から数ヶ月ぐらいまで様々です。
大抵の場合は、数週間ほどで徐々に症状がやわらぎ
落ち着くことがほとんどですので
あまり刺激を与えず少し様子をみてください。
ただ、数週間経っても症状が改善されずに痛みが増してきたり
また、何もしなくても痛みが出てきた場合は
噛み合わせの具合や神経の状態を確認させて下さい。

分からないことがあれば
お気軽にご相談ください。
スタッフ一同お待ちしております。
 

 
 
 
 

ブログ・お知らせ