ブログ

Blog

 

こんにちは。

JR稲毛駅前鈴木歯科医院衛生士の今村です。

今回は歯の黄ばみや着色について

お話していきたいと思います!

 

 

着色は「ステイン」とも言い、

食物に含まれているポリフェノールなどが

唾液の中のたんぱく質と結合した汚れのことです。

 

色の濃い食べ物(カレーやチョコレートなど)

 

色の濃い飲み物(コーヒー紅茶など)

 

を摂取したときにステインは非常につきやすくなります。

 

 

またアルコールの摂取が多く歯の表面が乾いていると

ステインは増えやすい環境になります。

 

そしてタバコを吸う人は注意しなくてはならない、

ステインよりも強固につく「ヤニ」は

さらに歯を黄ばませてしまう原因です。

 

これらは歯に付着し時間が経つと

歯の表面を覆うエナメル質のなかまで

浸透してしまうためただの汚れですまず、

歯自体の色を黄ばませてしまいます。

 

 

また飲食意外にも

 

>>加齢とともに歯の表面を覆うエナメル質が

薄くなることによって内側の象牙質といわれる

中の構造が透けて見え黄色っぽくみえたり、

 

>>抗生物質の種類によって歯に着色を起こす

副作用があるようです。

 

 

 

しかし普段から着色しないように

気をつけることは可能です!

その方法をご紹介します。

 

 

1.歯磨きをする

 

飲食後は歯磨きをして汚れを落としましょう。

外出先で歯磨きが難しい場合お水で口をゆすぐだけでも効果はあります。

 

 

2.鼻呼吸をする

 

口呼吸をしてしまうとお口の中が乾燥してしまい着色しやすい状態になります。

特に夜寝てる間は口呼吸になりやすいので加湿器つけたりマスクをして乾燥を予防しましょう!

 

 

3.ストローを使用する

 

色の濃い飲み物を飲むときはストローを使用し、飲み物が歯の表面につかないようにしましょう。

 

 

4.ステインオフの歯磨き粉を選ぶ

 

多くの歯磨き粉には研磨剤が多く含まれてるものがありますが、

それだと歯の表面を気づかないうちに少しずつ傷つけて着色をつきやすくしています。

なので、汚れや着色を落とす効果のあるポリリン酸配合の歯磨き粉を選んで使いましょう。

 

 

5.定期メンテナンスに通う

 

着色は一度着いてしまうと歯ブラシでは落としにくいものになります。

そのため歯科医院でのクリーニングの際専用の機械を使うことによって落とすことができます。

 

 

しかしいくら気をつけていても、

濃く沈着してしまった着色に関しては保険内のクリーニングでは落とし切れないことがあるのでそう言った場合は、

 

「エアフロー」

 

という着色を落とす専用の機械を

オススメさせていただいてます。

 

 

ホワイトニングは歯自体の色を白くするもので、着色を落とすものではありませんので

どちらを選んだらいいかわからない場合は

一度スタッフにお尋ねください!

 

 

スタッフ一同心よりご来院お待ちしております!

 

ブログ・お知らせ