ブログ

Blog

こんにちは。稲毛駅前鈴木歯科医院の鑓田です。

 

皆さんは「キシリトール配合」と書かれたガムやタブレットを見かけたことはありますか?

キシリトールと書かれている商品を見かけるとなんとなく「歯に良いものなのかな?」というイメージを浮かべますよね。

では、「キシリトール」とは一体何なのでしょうか?

 

キシリトールとは、糖アルコールと呼ばれる甘味炭水化物の仲間です。

砂糖と同じ甘味度を持ち、イチゴなどにも含まれています。

 

糖アルコールは、口の中の歯を溶かすほどの酸が作られないため、「むし歯にならない甘味料」と言われています。

特にキシリトールは、酸を全く出さないこと、甘味が強くより唾液の分泌を刺激し酸を中和することが出来ることから、

むし歯の原因にはならないと言われています。

 

またキシリトールには「むし歯の発生や進行を防ぐ」という他の糖アルコールにはない特徴的な効果があります。

キシリトールをガムやタブレットの形で、一定期間以上口の中に入れると、 むし歯の原因となる歯垢が付きにくくなるだけでなく、

歯の再石灰化を促し、歯を固くしてくれます。

さらに、むし歯の大きな原因である、ミュータンス菌の活動を弱める働きも持っています。

 

甘味料でありながら、むし歯の予防効果があると言われている「キシリトール」。

皆さんもぜひ、生活の中に取り入れてみてくださいね。

 

鈴木歯科医院では、歯に関する様々な疑問にお答えしています。

もし何か気になることがございましたら、お気軽にお尋ねください。

スタッフ一同、お待ちしております。

ブログ・お知らせ