ブログ

Blog

こんにちは。JR稲毛駅 鈴木歯科医院の伊藤です。

 

みなさん『卑弥呼の歯がいーぜ』ってご存知ですか??

 

邪馬台国の卑弥呼の時代は1回の食事の噛む回数が現代人の約6倍もあったそうです!

噛むことの大切さを呼びかける「卑弥呼の歯がいーぜ」という標語があります。

 

◎噛む8大効果

 

ひ:肥満防止満腹中枢が働き、食べすぎがなくなります

 

み:味覚の発達よくかんで味わうことで味覚が発達します

 

こ:言葉の発音お口のまわりの筋が発達して発音がよくなります

 

の:脳の発達かむことが脳の発達に関係します

 

は:歯の病気の予防かむことにより唾液が分泌され、むし歯を予防します

 

が:ガン予防唾液が発ガン物質を中和します

 

い:胃腸快調消化がよくなります

 

ぜ:全身の体力向上と全力投球力を入れて噛み締めたい時、歯を食いしばることで力がわきます

 

よく噛むことは、単に食べものを体に取り入れるためだけではなく、全身を活性化させるのに大変重要な働きをしています。

もう一度日々の食事の仕方を見直して健康長寿を伸ばしましょう。

 

お口の中でお困りのことがありましたらお気軽にご相談ください。

 

スタッフ一同、ご来院お待ちしております。

ブログ・お知らせ