ブログ

Blog

こんにちは。
JR稲毛駅前、鈴木歯科医院、歯科衛生士の宮内です。

寒くなってきましたね。
気温が低く空気が乾燥して風邪をひきやすい時期でもありますので、
皆様体調管理にはお気を付け下さい。

今回はインプラントとはどういうものか、について説明させていただきます。

インプラントとは、虫歯や歯周病、外傷で歯がなくなってしまったところに、人工の歯根を骨に直接埋め込む治療です。
同じように歯がなくなってしまったところを補う治療として、ブリッジと入れ歯がありますが、
ブリッジは隣り合う歯を削らなければなりません。
入れ歯は金具をかける歯に負担がかかり、取り外しの煩わしさもあります。
インプラントは他の歯に負担をかけず、固定式ですので取り外しの煩わしさもありません。
見た目や噛み心地の違和感も少ない治療です。

骨に人工の歯根を埋め込むなんてちょっと怖い、どんなものを入れるのか?
不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。
人工の歯根となるインプラントはチタン製です。
チタンは体内に入れる人工関節など、幅広い医療分野で使用されている素材です。
チタンは金属アレルギーを引き起こす心配が、特殊な場合を除きほとんどありません。
安心して使用出来る金属と言えます。
また、インプラントにチタンを使用している大きな理由として、
チタンは骨と結合する性質を持っています。
インプラントと骨がしっかりとくっついてくれるので、簡単には抜け落ちる事はなく、
お家でのお手入れと、歯科医院でのメインテナンスに通っていただく事で、長く、自分の歯と同じように噛む事が出来ます。
治療時に不安や恐怖、緊張を抱かれる患者様には、静脈内鎮静法を用いた治療も可能です。
点滴による麻酔薬でほとんど眠っているような状態で治療を受けていただけます。

鈴木歯科医院では、インプラントをお考えの患者さんには、
その専門医がインプラントについての説明のお時間をいただいており、
患者さんの不安や疑問を全て取り除いた状態で、
安心してインプラントを受けていただいております。

インプラントについて気になる事がござましたら
お気軽にご相談下さい。

スタッフ一同、お待ちしております。

ブログ・お知らせ