なぜ定期検診が重要なのでしょうか?

なぜ定期検診が重要なのでしょうか?

日本ではこれまで歯医者に通うのは「痛くなってから」というのが当たり前でした。そのためか日本は先進国の中でも虫歯の多い国だといわれています。一方、欧米では歯医者さんは「痛くならないように」通うところ。つまり「治療」するところではなく「予防」するところだという意識が浸透しているのです。日本でも欧米にならって、これからは予防のために通うところとして歯科医院をもっと身近に感じていただけるようにするのが私たちの務めだとだと思っています。

  • なぜ定期検診が重要なのでしょうか?
  • なぜ定期検診が重要なのでしょうか?

虫歯にかかってしまうと歯の健康が失われます。その治療では虫歯部分を削らなければならないので少なからずダメージを与えてしまうのです。削った歯は元には戻らないのです。もし病気を未然に防ぐことができれば、「治療」よりもお口の健康を守ることができます。こちらでは、千葉市稲毛区小仲台「JR稲毛駅」東口より徒歩30秒の歯医者「鈴木歯科医院」が定期検診の大切さについてご説明いたします。

定期検診

定期検診

お口の健康維持のためには虫歯や歯周病などのお口のトラブルを「予防」することが大切です。そのためにはブラッシングなどの毎日のセルフケアが欠かせません。しかしそれだけでは不十分なこともあります。そこで活用していただきたいのが定期的な歯科医院でのプロフェッショナルケア。

定期検診では口腔ケアのプロフェッショナル、歯科衛生士が歯のクリーニングを行います。毎日のブラッシングでは落としきれない歯と歯の間や歯と歯茎の溝の汚れも徹底的にきれいにしますので、お口のトラブル予防ができます。定期検診でお口の中をチェックすれば、もし虫歯や歯周病にかかってしまっていたとしても早期発見・早期治療につながるのです。

PMTC

PMTC

プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングのことで歯科医師や口腔衛生のプロフェッショナルの歯科衛生士が専用機器を使って歯の汚れを徹底的に落とします。毎日の歯みがきでは落としきれない歯と歯茎の溝や、歯と歯の間のプラークや歯石をプロの技で取り除きます。虫歯や歯周病予防に有効です。

歯周病検診

歯周病検診

歯周病は日本でも広く蔓延している感染症です。実は日本の成人の約8割は歯周病にかかっているか、歯周病予備軍だといわれています。初期段階ではほとんど自覚症状がないために気づかないうちに進行し、重度ともなると歯が抜け落ちてしまう怖い病気なのです。少なくとも1年に1回は歯周病検診を受けて早期発見・早期治療につなげましょう。

iPadを使用した歯周病検査

iPadを使用した歯周病検査

歯周病は進行にともない歯と歯茎の溝が深くなっていきます。そのためその深さを測定することで進行度合いの検査が可能です。通常は1本の歯のまわりで一番深い部分を測定し記録しますが、当院では歯を4つの部位に分けて細かく測定し、数値をiPadに入力します。そのデータをパソコンにダイレクトに通信するのでより正確で視覚化された検査結果をプリントアウトでき、お持ち帰りいただくこともできます。

妊産婦検診

妊産婦検診

妊娠すると身体のホルモンバランスや飲食の嗜好や生活習慣が変化するので、口腔内の環境も変化し虫歯や歯周病にかかりやすくなります。また出産後も口腔ケアがおろそかになりがちですので、お口のトラブルが心配です。当院では妊婦歯科検診や産婦歯科検診を行っています。受診前に母子健康手帳別冊の交付を受けてご持参ください。

妊婦さんが歯周病にかかってしまうと歯周病菌によって早産や低体重児出産のリスクが高まります。また虫歯になってしまうと生まれてくる赤ちゃんと接しているうちに虫歯菌を感染させてしまう確率を高めてしまいます。妊婦さんの健康のためだけでなく、赤ちゃんの健康のためにも定期検診を活用しましょう。

子どもの検診

子どもの検診

子どもの歯、乳歯は生後3ヶ月ころから生え始めます。乳歯はエナメル質が薄くやわらかいので虫歯にかかりやすい歯で、虫歯の進行が早いのも特徴です。乳歯はやがて永久歯に生え替わりますが、乳歯の虫歯は永久歯にも悪影響をおよぼすことがあるので注意が必要です。

子どもの虫歯を防ぐためには毎日のブラッシングや親御さんの仕上げみがきが欠かせません。また歯科医院での予防処置が有効ですので、積極的に検診を受けることをおすすめします。小児歯科について詳しくはこちらをご覧ください。

病気の予防や早期発見・早期治療につながる定期検診を受けましょう 鈴木歯科医院(043-255-8847)