自由診療は料金が高いだけと思っていませんか?

保険診療自由診療の違いは、かんたんにいうと使用素材や作製方法の自由度の違いです。保険診療は歯の機能回復を目的にしていて、使用できる素材が制限されていますが全国どこでも同じような治療を受けられます。保険が適用されるので負担費用も一部で済み、比較的安価にそして比較的手軽に機能を回復できます。しかしその分、じっくり時間と手間をかける診療をご提供するのは難しいのが現状です。

一方、自由診療は使用素材や治療方法の制限がありません。質の高い治療を十分な時間をかけてご提供できるので、精密で見た目にもこだわった治療が可能なのです。こちらでは「JR稲毛駅」東口よりすぐの歯医者「鈴木歯科医院」が、保険診療と自由診療の違いを3点に絞ってご説明します。

型採りの違い

虫歯治療で詰め物や被せ物をつくるときも、また入れ歯をつくるときもまず型採りをします。印象採得ともいい、印象材を用いて歯の型を採り、その型から模型をつくり、模型に合わせて人工歯や入れ歯をつくります。保険診療と自由診療ではこの印象材が異なるのです。

保険診療の印象材 自由診療の印象材
  • 保険診療の印象材
  • 海草からつくられる寒天印象材を使います。高温で溶けて低温で固まる性質を利用して型を取りますが、寒天印象材は水分を多く含むので時間の経過や温度変化により変形しやすいのが欠点です。印象が変形すると模型も変形し、詰め物や被せ物の精度が低下します。少しでも隙間ができてしまうと、詰め物が外れやすくなったり、ふたたび虫歯になってしまったりすることがあります。
  • 自由診療の印象材
  • 寒天印象材にくらべて変形しにくく、ちぎれにくいシリコン印象材を使用します。型を採ってから2~3日たっても高い精度を保てます。そのため適合制度の高い詰め物や被せ物の作製が可能ですので、再治療のリスクを抑えられます。つまり自由診療のほうが詰め物や被せ物が長持ちするので、歯の健康を長く保つことができるのです。

使用できる材料の違い

保険診療の材料 自由診療の材料
  • 保険診療の印象材
  • 保険診療の虫歯治療ではレジン(歯科用プラスチック)または金属を使用します。どちらも扱いやすく、比較的かんたんに加工でき、歯の機能の回復が可能です。ただレジンは経年により着色してしまうことがあり、金属は銀色なのでお口の中で目立ちます。また金属アレルギーのリスクも否定できません。制限がある分精度に関しても劣る場合があります。詰め物や被せ物に隙間が生じ、そこから細菌が入り二次的虫歯になるということも考えられます。
  • 自由診療の材料
  • 自由診療の場合は素材に制限がありません。適合性や強度、耐久性に優れ、見た目も美しい素材を選択できます。セラミックやジルコニアなどメタルフリー素材であれば金属アレルギーの心配もありません。また、虫歯や歯周病の原因になるプラークもつきにくいため予防という観点からも優れた素材が選択することができます。

義歯

保険診療の材料 自由診療の材料
保険診療の材料 自由診療の材料
保険の入れ歯は保険制度で認められたレジンという歯科用プラスチックで作られています。レジンは材質上割れやすく、ある程度の厚みを持たせることで強度を保つため、お口の中に入れたときの異物感や気持ち悪さを感じられる方が多くいらっしゃいます。 自由診療の入れ歯は保険制度で認められていない素材も使うことが出来るため、同じプラスチックでも保険のものよりも匂いや汚れの付きにくい特殊なものや、入れ歯を薄く作る事が出来る金属、痛みを軽減させるクッションのようなシリコン等、さまざまな素材を使った入れ歯があります。

歯科技工士の作業時間の違い

保険診療の場合 自由診療の場合
  • 保険診療の場合
  • 歯科技工士への報酬は保険診療では低く抑えられています。そのため数多くの詰め物や被せ物、入れ歯をつくらなければなりません。必然的にひとつにかける時間が短くなってしまうのです。
  • 自由診療の場合
  • 一つひとつの技工物に時間をかけられるだけでなく、作製に使う素材や設備にもこだわることができます。精度の高い技工物をつくるためのさまざまな工夫が可能です。

保険診療の場合は、そのときに支払う費用は比較的安価で済みます。しかし見た目の美しさや使い心地などを考え、お口の健康を長く保つことを考慮すると、自由診療は高いとはいえないはずです。当院では精度の高い診療をご提供できる自由診療をおすすめします。疑問点や不安点については、ご理解いただけるまでわかりやすく丁寧にご説明しますので、何なりとお尋ねください。

あなたに合う治療法があるはずですお気軽にご相談ください 6F 043-255-8847 7F 043-445-7300