ブログ

Blog

キシリトールとは

こんにちは。

JR稲毛駅前の鈴木歯科医院、歯科衛生士の菅原です。

今回はよく耳にする「キシリトール」についてお話します。

シリトールは天然素材の甘味料で、白樺や樫を原料につくられています。

砂糖と比べて、カロリーは25%も低く糖度は変わりません。

溶ける時に熱を吸収するので、独特の清涼感があります。

 

砂糖の場合、糖をエサにミュータンス菌が酸を作りだします。

その酸によって歯のエナメル質が溶かされて虫歯が出来てしまいます。

一方、キシリトールの場合は、虫歯のもととなる酸が発生しません。

また、ミュータンス菌はキシリトールを体内に取り込むことで、エネルギーを消耗して活性が弱まり菌の数も徐々に少なくなります。

 

一番効果的なタイミングは、毎食後と就寝前の歯磨きをした後に摂るのが効果的です。

(効果があるのは、キシリトール50%以上を配合したガムかタブレットに限ります。)

ただし、あくまでもキシリトールは虫歯予防の補助的なものです。

日常のブラッシングやメンテナンスがとても大切です。

当医院では、キシリトール100%のタブレット各¥250

(ミント味、オレンジ味、グレープ味)を取り扱っています。

詳しくはスタッフにご気軽にお訪ね下さい。

ブログ・お知らせ