ブログ

Blog

こんにちは。稲毛駅前鈴木歯科医院の藤川です。

健康的な人の場合、1日に出る唾液の量は1.5ℓ前後にもなります。
「そんなに!?」と驚かれるかもしれませんが、これだけ分泌されるのには理由があります。
今回は唾液の力についてお話しします。

・おいしく食べられるようにする力
 唾液はお口の中の様々な唾液線から分泌されます。
 食事の時に噛み砕かれた食べ物は唾液と混ざる事で飲み込みやすい形になり、
 唾液によって食べかすが洗い流されて口の中は清潔に保たれます。
 また、食物中の亜鉛と結びついて味覚を敏感にする力などもあります。

・虫歯を予防する力
 口の中は通常、中性に保たれていますが食事をすると口の中にいる虫歯菌が糖分などを
 栄養にして酸を作り出し、口の中が酸性に傾きます。
 酸性になると歯が溶け脱灰し虫歯ができます。この脱灰から守るのが唾液です。
 虫歯になる前に中性にし元の状態に戻すことで歯を強くします。
 しかし、間食が多かったり甘い飲み物を頻繁に飲んでしまうと中性に戻すことが間に合
 わず虫歯になってしまいます。
 そうならないために唾液の力を充分に発揮できるよう、ダラダラと食事はせず食後や間
 食後には歯を磨くことが大切です。


唾液の分泌量や力は人それぞれ異なります。
当院では唾液検査や細菌検査を行っております。
虫歯の有無に関わらず、ご自身のお口の中を検査してみませんか?
気になる方はお気軽にお声掛け下さい。
ご来院お待ちしております。

ブログ・お知らせ