ブログ

Blog

こんにちは。稲毛駅前鈴木歯科医院の小林です。

お口の中の代表的な病気である虫歯と歯周病。この2つの病気の原因はプラークと呼ばれる歯の表面に付着する細菌の集まりです。

今回はこのプラークについてお話していきます。

 

まず歯の表面では唾液の成分であるペリクルという糖タンパク質が薄い膜を作っています。

そこに虫歯の原因となるミュータンス菌などがくっつきます。

くっついた菌は食べ物の中のショ糖を使って「グリコカリックス」というネバネバした物質を作り、自分たちが棲みやすい環境を作り始めます。この状態がしばらく続くと、ミュータンス菌以外にもこの棲みやすい環境をねらって歯周病の原因となる悪玉菌が侵入し増えていきます。

 

このようにプラークは形成され、成熟していきます。

 

また、細菌が集まってプラークを形成するには、約1日かかるため食事の後にはまだプラークにはなっていません。

それなら「お口をすすぐだけでもよいのでは?」と思うかもしれませんが、プラークは水に溶けない性質を持っているので、毎日の歯磨きや定期検診が大事になってきます。

 

当院ではお口の中の菌をチェックしたり、唾液の中の状態を調べる検査などを行っておりますので

一度チェックしにいらして下さい(^^)

ブログ・お知らせ