ブログ

Blog

こんにちは。JR稲毛駅前鈴木歯科医院、歯科衛生士の宮内です。
毎日暑いですね!
体調を崩しやすい時期でもありますので、無理をせず自分をいたわるようにしましょうね。

今回はインプラント周囲炎について説明します。

インプラントはご自分の元々の歯とは違い、虫歯になる事はありません。
ですが、歯磨きや歯間ブラシなどのお手入れを怠っていて、インプラントまわりに汚れがついている状態が続くと歯周病菌に感染し、
歯周病と同じような症状になってしまう事があります。

それを炎症の程度により、インプラント周囲粘膜炎、インプラント周囲炎といいます。

初期状態の
インプラント周囲粘膜炎は、歯肉の回りにだけ炎症がとどまっている状態で、
患者さん自身の適切な歯磨きと、歯科衛生士が専門的な機械を使用し汚れを取り除く事で元の健康な状態に戻す事が出来ます。
しかし、炎症がインプラントの深い所にまで及んでしまうインプラント周囲炎という状態になってしまうと、インプラントを支えている骨がだんだんとなくなってしまい、
最悪の場合、インプラントを取り除かなければならなくなってしまいます。

また、インプラントは人工物なので防御機能が弱く、ご自分の歯の場合よりも早く症状が進行してしまいます。


インプラント周囲炎の予防としては、
○毎日の歯磨きで、歯周病を引き起こす細菌(歯垢)を取り除く
○歯科医院での定期的なチェックと歯のクリーニングを受ける

が大切です。

歯科衛生士によるメインテナンスにより、インプラント回りのお手入れのアドバイスやクリーニング、
必要に応じて歯科医師のチェックや、心配な場合はレントゲン写真での確認をさせていただいております。

せっかく入れたインプラントを長く良い状態で使っていただくため
ぜひ定期的な歯のクリーニングを受けるようにしましょう。

スタッフ一同、お待ちしております。

ブログ・お知らせ