歯肉炎

こんにちは。

稲毛駅前鈴木歯科医院の大倉です。

 

 

歯みがきをしていると血が出てきたことはありませんか?

鏡をよく見ると歯ぐきが赤くなっていたり、プクプク丸くなっているところはありませんか?

これが歯ぐきの病気『歯肉炎』です!

日本人の場合、1020代前半で既に60%の人が歯肉炎にかかっているといわれています。

歯みがきできちんと汚れが取れていないと、お口の中ではプラーク(歯垢)と呼ばれる細菌の塊が食べかすや飲み物をエサに繁殖します。そして、その細菌により歯ぐきが歯肉炎になり、出血したり赤くなったりしてしまうのです。

歯肉炎は、早く治療を始めれば早く治すことができ、炎症が進行すると歯周病になってしまいます。

 

歯磨きをするときは、歯ブラシを細かく動かして磨いてください。(1ヶ所で1020回程度)

ちょっとしたコツを知ることで、磨き残しをかなり減らすことができます。

歯科医院では歯みがきの仕方の指導を行っています。

歯肉炎の症状があるようでしたら、スタッフまでお気軽にお声がけ下さい。

 

鈴木歯科医院ブログ