口呼吸について

 

 

こんにちは。

JR稲毛駅前、鈴木歯科医院、歯科衛生士の市川です。

 

風邪を引きやすいこの季節、ついお口で息をしていませんか?

呼吸の仕方なんか気にした事がないという方も多いと思いますが、なんとなく鼻で呼吸したほうが良いという話を聞いたことはありませんか?

そこで今回は、「口呼吸」による影響や対策について、詳しくお話させていただきたいと思います。

口呼吸による影響を大きくまとめると4つの原因が考えられます。

 

①虫歯や歯周病になりやすく、口臭の原因になる。

お口の中には唾液が常に出ている状態が正常ですが、唾液はお口の中の細菌の繁殖を抑制したり

汚れを洗い流したりなど様々な働きがあります。

口呼吸をすると、お口の中が乾燥してしまい、唾液がまわらず、虫歯や歯周病の原因菌が繁殖しやすくなってしまいます。

 

②風邪やアレルギーになりやすい。

鼻から呼吸する場合、外気を取り込む際に一緒に入ってきた細菌やウイルスなどを排除する機構が備わっているため

風邪を引きにくかったり、ウイルスに感染しにくいという特徴があります。

一方、口には鼻のような外気に対する機能が備わっていないため、直接細菌やウイルスなどを取り込んでしまうことになります。

 

②歯並びが悪くなる

歯の並びは内側からの舌による圧力と外側からの唇や頬の筋肉からの圧力の均衡が取れる位置に自然に並ぶようになっています。

そのため、慢性的な口呼吸だと外側からの圧力がかからず、出っ歯や受け口などの原因になってしまいます。

特にお子様の場合は骨格にも影響が出やすいため、注意が必要です。

 

③老化を促進する

口呼吸の場合、お口周りの筋肉が常に緩んだ状態となります。

使わない筋肉はだんだん衰えてきますが、お口周りの筋肉(口輪筋)が緩むと周囲の表情筋も緩み

それが皮膚の緩みにもつながります。この皮膚の緩みが目元や口元のシワの原因になってしまいます。

また、口呼吸の場合は舌の位置を固定する筋肉も衰えるため、二重あごやいびきの原因にもなってきます。

 

 

口呼吸は原因によって治す方法も変わります。

当てはまる症状などがありましたらまずはお気軽にご相談ください。

スタッフ一同、お待ちしております。

 

鈴木歯科医院ブログ